ジェネリック製剤について

ジェネリック製剤の採用について

近年、政府・厚労省の方針として、ジェネリック製剤の使用が推進されております。

アメリカにおけるジェネリック製剤は、その主成分だけでなく、添加剤、製法などが先発品と全て同じでなければ認可されません。

 

一方、日本においては主成分が同じではありますが、添加剤は他の薬剤に使用された事のあるものであれば先発品と異なるものであっても認可されます。 主成分との相性や、製剤の結晶状態などは考慮されておりません。

 

特に、点眼薬ではそのph(酸性度)によっても吸収率が異なること、刺激による副作用の可能性が異なることなど、内服薬よりも添加物、溶剤の重要度が高くなります。

 

当院では患者様の安全と安心のため、先発品と同等である事を証明していただいているジェネリック製剤以外は処方しておりません。

 

この点ご理解下さい。

トップページ / 診療案内 / 手術案内 / 白内障手術について / 施設案内 / アクセス

眼科のあれこれ / 目の病気 / コンタクトレンズ処方 / 斜視・弱視訓練について / お問い合わせ

(c) Sinkawa Central Eye-Clinic, 2015